1/12(木)☆ アフリカ系をカッピング

| コメント(0) | トラックバック(0)

USフーズさんよりメールが届きました。

今回はアフリカ系の珈琲豆についてです。

紹介します。

因みにサントスで扱っているアフリカ系豆は

「 タンザニア ムリンガ農園 AA 」のみです。

ルワンダイントレどのような珈琲なのでしょう??

皆さんといっしょに読んで読んで見ましょうスマイル

☆ ルワンダイントレ。image

びっくりするぐらいおいしいですよ。アフリカ系で香りにとても特徴がある豆としては、

エチオピアイルガチャフィG1,G2、ケニアマサイAA、タンザニアムリンガ農園AA この4 種類

それは「ライチのような柔らかく、でも特徴的な香りがあり、ボディ・酸味の質感が素晴らしく、

甘味も十分に感じます。」といった評価で、ぜひストレートとしてご使用になっていただきたい商品です。

 

ルワンダイントレ商品詳細情報

image

ルワンダのコーヒー生産の70%が小農家に依存しております。

そのため、品質の安定性に不安があるコーヒーです。

しかし、生産者組合や民間業者によって集められた原料をブレンドし、香味に特徴があり、

安定した品質の商品として日本に入荷しております。

image

ルワンダという国は「大虐殺」があった国ですが、こういった負の歴史だけではありません。

「大自然」というイメージがぴったりの国でもあります。

特に絶滅危惧種の「マウンテンゴリラ」が生息している魅力ある地域です。

 

結論

ルワンダイントレ 興味ある珈琲ですねえ~

サントスで扱ってみても良いかもd(^-^)ネ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.santosu.net/mt/mt-tb.cgi/1154

コメントする